Welcome to my BLOG.
毎日の「発見や感動」をすくっています。
Thank you for tuning in me.
Hiroshi Mikami・三上 紘司 62歳

ブログ以前のホムペは、こちらにございます。
http://www2.gol.com/users/mh/
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2019/01/06

一定期間更新がないため広告を表示しています


JALの鶴丸Corporate Identityの復活に乾杯
2011/01/23 10:54
日本航空のロゴが変わる。

私は、大歓迎だ。

デザインとしてどちらが良いか悪いかの問題ではない。

変えることに、意味があるのである。

Corporate Identity =
Visual Identity × Mind Identity × Behavior Identity

視覚的要素の変化は、
精神と行動の変化を促進する。

視覚的デザイン変更の効果、侮るべからず。

大西社長のコメントが良い。

過去への回帰ではなく、日本の空を切り開いてきた、かつてのチャレンジする精神に立ち戻るためだ

マクドナルド問題
2011/01/21 17:54
今朝は、朝5:30の電車に乗る。

夏であれば、その電車に向かう仲間がいっぱいいるのだが、
今日は、ほとんどいない。

そして、早朝勉強会。

心も体も引き締まる。



仕事を終え、11時頃に地元、南大沢駅に到着。

家に向かうと途中に、大きなマクドナルドの手提げ袋が放置されている。

その中身は、その関連。

7年間減収減益だったマクドナルドが、

経営者交代で増収増益になったそうだが、

きれいだった南大沢に、そのような置きゴミが発生している。



マクドナルドV字回復の秘訣
2011/01/08 13:09
マクドナルドは2004年まで7年連続で減収減益だった。

ところが、原田さんが就任した2004年から現在まで増収増益が続いている。

その秘訣は、基本を徹底したこと。

業績不振店舗の閉鎖。

そして、毎年お客の気を引く新商品やサービスの展開。

次の記事に詳しく解説されています。


余力・投資力が大事
2011/01/04 10:43
事業の成長には、
余力と投資が大事。
「余力がない、投資できない」では、成長がない。

ところで、余力や投資力は生み出すもの。

どこからかというと、心から。
心を練り上げる。
心の鍛錬

「土」という字が、心のありようを示唆している。

榊莫山の言葉を引用します。
「今の人はパソコンや携帯の普及で、字を書く機会があまりないらしいけどな。
字を記号や文字として使う、もちろん字はそういうもんや。
 ただ、字そのものにも力みたいなもんがあってな。
 例えばわしは『土』いう字が好きで、何十年書いても飽きることがない。
この字は横2画が地中と地表を表わし、中央に真っ直ぐ1本、植物が天に向かって生えておる。
そういう生命力が土という字には宿っていて、書き順も昔は下から上に生えるように書いたはずやねん。

 それがそう書くとテストではバッテンになる。
わしなんかはよく書を左手で書いたもんや。
右手には学校で昔習ったことが染みついているからなあ……」






肉体労働でも単純労働でもなく、知的労働
2010/11/18 12:48
この2010年、 仕事の本質は、 肉体労働でも単純労働でもない。 
肉体を使いながら、本質的には、知的労働。 
単純労働しながら、本質的には、知的労働。
これができない会社と社員が、淘汰されている。

知的労働とは、
定型的ではなく、
創造的であり、 
解決的である。

その労働の場を統括するのが経営者。
誰も、その場を変えることはできない。
 

世界バレー 女子
2010/11/04 12:00
世界を代表する24チームが日本で闘いを繰り広げている。

日本女子が、プールA、6チーム総当たりを全勝で通過した。



今までは、

一人ひとりの頑張りと責任、

いずれにしろ、

個人の良し悪しに終始していた。

だから、コート内に、寒くつらい風が吹いていた。



今はちがう。

チーム14人が一つになっている。

一つとして闘っている。

POWER OF ONENESS

監督、コーチ陣もひとつになっている。



経営者の仕事とは
2010/10/25 11:44
 経営者の仕事とは、

社員を人間として鍛え上げること。

決して、甘やかして、堕落した社員を作り上げることではない。

サウスウエスト航空の戦略
2010/10/16 11:55
サウスウエスト航空が

この乱戦の航空業界において、なぜ、好業績なのか。

それを支える無数の戦略がある。


一番さきに在ったのは、

創業者、ハーブ・ケラハーの戦略的プランではなかったろうか。


●他人を責めるな

●期待するな

●自分が何かをしろ

この方針は、アメフト常勝の監督の言葉を、そのまま拝借のようです。

ハーブは『素直』!

emotional connection
2010/07/01 13:00
 関係性が大事。

言った、言ってない、
聞いた、聞いてない」が問題になることがある。

そんなことは、どうでもよい。

背後に、

その根底に

感情的な相互理解があれば。

これぞOne Purpose Organization. 

今日の音楽は、早春賦。

会社を新しくする Re-create your company 3
2010/04/11 12:05
 トヨタの前身は豊田織機

織り機を作っていた。

その新規事業が自動車となり世界を制覇した。

今や自動車は情報技術で制御されている。

ハードエンジニアとソフトエンジニアが数においてすでに逆転しているのではなかろうか。

古い技術から新しい技術へ。

この流れは不変・普遍。

常に新しい技術を取り込むことが生き残りの原理原則。

さて、貴社の事業、製品、サービス、業務にどれだけITが組み込まれているだろうか。

ITとの接点から新たなビジネスとイノベーションが生まれる。

まだまだ、これから。

始まったばかり。