Welcome to my BLOG.
毎日の「発見や感動」をすくっています。
Thank you for tuning in me.
Hiroshi Mikami・三上 紘司 62歳

ブログ以前のホムペは、こちらにございます。
http://www2.gol.com/users/mh/
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2019/01/06

一定期間更新がないため広告を表示しています


透明な力
2010/10/26 12:10
10/24(日曜日)に言及した本「透明な力」が昨日、届きました。

武道家であり、かつ、学者である人が書いた本。

どことなく、読みづらい。

しかし、鍛錬と研究にあけくれた佐川幸義氏のありようが伝わってきます。

鍛錬、鍛錬、また鍛錬。

そして、研究。

鍛錬と研究の繰り返し。

毎日の鍛錬に命がけ。

命がけの鍛錬の鍛錬をする。

70になっても80になっても氏の鍛錬と研究と成長は止まらなかった。

拙者、53歳、まだまだ、これからです。

怒らないこと
2010/08/26 12:40
人間は感情の動物。

感情は二つ。

怒りと喜び

この二つは共存できない。

だから、地球上の人類の感情はどちからに分類される。

怒りは怒りを引き寄せる

喜びは喜びを引き寄せる

この感情の力をシンプルに説き明かしている本

私は2年前にこの本を購入したのに、
まだ、読み込めていませんでした。

今読んでみると、1ページ1頁が心にしみます。


朝4時起きで人生が変わる
2010/06/17 17:03
 今、世の中に4時起き人口が増えているようです。

私も4時起き人間だったのですが、

ここのところ5時から6時起きに怠けておりました。

早速、復活したいと思います。


子供幸福度一位、オランダの教育
2009/11/28 14:40
オランダの子供たちの幸福度がなぜ世界一かを垣間見ることのできる本を見つけました。

リヒテルズ直子著「残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ」

次の数行はその一部抜粋です。 
----------------------------------------
かって1960年代、オランダでは、小学生の留年があまりに多いことが大きな問題になりました。日本とは違い、できない子どもは容赦なく留年させられていたのです。当時、さまざまの教育学者たちは、この問題の解決策を求めて議論し、留年の原因が画一一斉授業のため、つまり、この年齢ではこれを知るべきだ、とあまりに四角四面に教育内容を定めているために、子ども一人ひとりの発達の差やニーズに対して、柔軟に適応できるものではなかった、という結論が導かれたのです。
---------------------------------------
そして70年代の国をあげての大議論を経て、今の状態に辿り着いたんですね。