Welcome to my BLOG.
毎日の「発見や感動」をすくっています。
Thank you for tuning in me.
Hiroshi Mikami・三上 紘司 62歳

ブログ以前のホムペは、こちらにございます。
http://www2.gol.com/users/mh/
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2019/01/06

一定期間更新がないため広告を表示しています


PTA総会、無事終了
2010/05/15 14:23
今日は、私が柄にもなく
PTA会長を務めさせていただいていた
市立中学校のPTA総会。

やっと終わりました。これにて解任です。

そして、多くを学ばせていただきました。

終わってみると、全員が戦友です。

ふと、ある曲のフレーズを、想起しました。
「父さんが残した、熱い思い。
母さんがくれた、あのまなざし。
地球は回る。君を乗せて。」



子供じみている
2010/04/23 12:15
PTA会長としての活動の当初、

このお母さんとは本音で語れるなと思ったら、

その後「子供じみている」と言われた。

頭の中でどちらが子供なのかと思った。

そして、

PTA活動の終盤、

別のお母さんから、PTA総会の挨拶文書作成のやりとりに関し、

「子供じみている」というコメントが来た。

子供じみている。

このお母さんたちは「子供じみている」を批判の意味で使っている。

私にとって「子供じみている」は称賛だ。

PTA委員交代の時期
2010/04/18 12:04
やれやれ、来月中旬のPTA総会を終えれば、ようやく退任。

会社であれば、会社の経営者やオーナーの意向で決定。

だから、PTAに比べればとても簡単、シンプル。

ところが、PTAは完全に水平な組織だ。

だから、多くを学べた。

ビジネスマンがこれからの経営を学ぶ上では、

絶好のフィールドである。



本音で生きるか建前で生きるか
2009/07/24 13:19
本音で生きれば何も疲れることはない。

しかし、そこに、直面する現実に、所属する組織(会社やPTAや学校)に建前がある。

その建前に本音を持ちながらも合わせられないと、

「あなたは子供、もっと大人になろうよ」ということになる。

しかし、本音と建前のバランスはあなたのエネルギーを疲弊させるだけ。

本音を一貫して通すのが人生として最良の策だ。

そうすると、あなたも、周りも進化する。

PTA活動報告
2009/07/05 11:56
 ご報告、おくれましたが、
5月16日のPTA総会を経て、会長になりました。

昨日、土曜はPTAの運営委員会。
運営委員会とは、学年部といって各学年の親睦を深めることを目的とする部、1学年部、2学年部、3学年部と学年ごとにあります。その他、図書推進、学習推進、美化推進、広報、青少年対策、校外などの部がありその部長副部長が参加します。総勢約30名。

今回は実質的な初回だったので、まずは各自の自己紹介。
次いで校長先生からのお話。
次いで、各部からの活動報告。
そして、議論の時間。
議題は参加者から集めます。
冒頭に出たテーマは、委員の決め方。
うちのPTAは一人一役なので、
全保護者がどこかの部の委員か係になることが求められています。
ほとんどがすんなりと決まるのですが、決まっても委員会出てこない人がいるという指摘です。

いつもの私なら、「そんなことは、どこのPTAでもあたりまえ。それを踏まえてあんたが何ができるかだろう!!!」などと怒鳴っていたはず。

ところが、昨日は、その人の話をずっと聞いていました。もちろん参加者全員で。

すると、その人はどんどん元気になっていく。そして、周りも明るくなっていく。面白い現象でした。

もちろん、その流れにクールに自分を保つ人々はいました。

いずれ、昨日も鍛えられました。多くを学びました。

ありがとうございます。

話が長い
2009/06/28 10:51
 昨日は、八王子市立中学校PTA連合会の総会に出席した。
総会は1時間で終わったが、
その後の新旧役員歓送迎会(宴会)の乾杯までの時間が30分。
なかなか乾杯にならない。

旧会長挨拶
新会長挨拶
来賓挨拶

それぞれ、2,3分で終わればいいものを5分から長い人は10分話す。
話の中身が画期的なら耳を傾けるが、
いわゆる常識的形式的なごあいさつ、
想定内のお話ばかり。

社会を明るくする運動
2009/06/25 12:15
 7月1日に社会を明るくする運動をするので各中学校から1,2名出してほしいという依頼が来た。

私は社会を明るくする運動なるものを知らないので、私自身も出る判断はできないし、他の人を出すという判断もできない。

そして、昨日、地元で中学校PTA連合会の9校が集まる会議があり、参加者各人の印象を得ることができた。

知ってる人、知らない人。

知っているといってもあくまでもその人なりの理解。

その場でのアドバイス通り検索してみた。

なるほど、と納得。
今までこれを知らなかった自分が少々恥ずかしくなった。

http://www.moj.go.jp/HOGO/hogo06.html




本音で語り合うとはどういうことか
2009/06/15 14:55
 本音で語り合いたい。

なぜなら、本音で語るだけで、
双方が元気になるからだ。

ところで、この本音で語り合うとは、
好き勝手に相手に要求を突きつけることとは違う。

相手の本音と自分の本音、

双方の本音が響きあうこと。

心と心が通じ合うことだ。

そのために、まずはそのようなステップがあってもよかろうとは思う。

平成21年度 第2学年 年間学習指導計画表
2009/05/29 12:39
 毎年、5月初旬に中学校から、
年間学習指導計画表なるものが各家庭に配布される。

各教科別に、
年間、月別のの学習内容と評価の観点が記されている。

今までは、「このまま」ごみ箱にいっていた文書だ。

いや、昨年はある教科が随分とずさんだったので、
校長先生に申し立てた。

今年はきれいに仕上がっている。

ちゃんと家に置いてある。

反抗期の中学生はなかなか口を開かない。

でも、今音楽で何を歌ってるの?

と聞くとモゴモゴとCOSMOSと答えてくれた。

この局面において「年間学習指導計画表」は役に立った。

cosmos