Welcome to my BLOG.
毎日の「発見や感動」をすくっています。
Thank you for tuning in me.
Hiroshi Mikami・三上 紘司 62歳

ブログ以前のホムペは、こちらにございます。
http://www2.gol.com/users/mh/
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2019/01/06

一定期間更新がないため広告を表示しています


OCRが作動しない
2010/01/22 11:30
 OCRとは、Optical Character Reader.
本のあるページををいちいち手でタイピングしなくとも、
 スキャナーで読み込んでだ画像データを文字化してくれる便利なソフトウエアです。

職業柄このソフトを愛用しておりましたが、今朝は作動しません。

となるとその本のその部分をいちいち手入力することになります。

さてさて、新しいOCRソフトを買う時期かなとも思いましたが、
手入力するとそれなりに新たな学びや気づきがありました。

便利なものに頼り過ぎるのは自分のセンスや学びを奪っているかな」という気がしました。


良書は多いですが、ひときわの良書に遭遇しました。
2009/05/26 10:38
植物のバラを考えてみよう。

小さなバラの種を撒いたとき、我々はそれがひどく小さいことを観察する。

しかし「このバラは根がない、抵抗力がない」などと非難したりはしない。

種は種として、それが必要なだけの水や肥料をやる。

最初の芽が地上に姿を現したとき、「まだ未熟だ」などと非難することもしないはずだ。

蕾(つぼみ)ができたときに「花が咲いていない」などと怒るだろうか。

我々は、自然の力に打たれつつ、愛おしみながら、それぞれの段階に合った手入れをする。

バラは、種のときも、花を咲かせるときも、枯れるときも、あくまでバラである。

バラの内部には、常に、そのすべての力が込められている。

時間とともに、バラは姿かたちを変えていくが、どの時点でも、バラはあるがままのバラであり、本来あるバラなのである。

同じように、失敗もまた成長過程で欠かせない、重要な要素ではないだろうか。

我々の上達の途上でも、失敗から得るものは限りなく大きい。

スランプですら、成長の過程であり、我々がその期間を「悪い時期である」と決めつけない限りは、決して悪い時期ではない。

出典:ガルウエイ著 『新ンインナーゲーム』