Welcome to my BLOG.
毎日の「発見や感動」をすくっています。
Thank you for tuning in me.
Hiroshi Mikami・三上 紘司 62歳

ブログ以前のホムペは、こちらにございます。
http://www2.gol.com/users/mh/
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Others


スポンサーサイト
2019/01/06

一定期間更新がないため広告を表示しています


Focus on what is really broken
2010/09/07 12:29
インド出身、アメリカで経済学者をしているAmar Bhidé(アマル・ビデ)

彼の最新の書籍が、
 A Call for Judgment:
Sensible Finance for a Dynamic Economy
直訳するなら「ダイナミックな経済のための敏感な財政」
----------------
今の経済は実にダイナミック。

すなわち、いつかどこかで何かが爆発的に売れ、

いつどこかで何かが突然売れなくなる、という時代。

著書の結論は、
----------------
Focus on what is really broken
現実にブレイクしていることにフォーカスせよ!」

彼の人格が垣間見れる映像は、

「国=政府」ではない
2010/09/05 12:43
国の借金が1000兆円で、
国民一人当たり1000万円の借金をしており、
日本は破たんする」
というような本を確かに読んだこともあり、
共感したこともあった。

だから、国債発行には反対だった。

なぜなら、
「国債発行 = 国民の借金」
と理解していたからだ。

しかし、この論に接して目からウロコが取れた。
--------------------------
「国=政府」ではない。

そして、日本銀行は次のように考えている。

国 = 
「政府」+「金融機関」+「非金融法人企業」
+「家計」+「NPO(民間非営利団体)」
---------------------------------------------
だから、国民は借金をしていない。

政府に対して、金を貸しているのである。

そして、大事なのは、
\府の資金効率
銀行の資金効率
2饉劼了餠盡率
げ板蹐了餠盡率

そう、このようなものが個別に問われている。

全部を一緒にして誤魔化しては気持ちが悪い。


この思考を触発した記事: